夢を叶えましょう!

もしかしたら、「いつか自分のお店を持ちたいな」と思いながら、でも無理だよね・・・ と思いつつ、今日も会社に向かっているのかもしれません。

 

またある人は、「起業したい夢があるけど家族もいるし、会社をやめて勝負する勇気、ないな・・・」と思って動けなくなっているかもしれません。

 

でもちょっと見方を変えてみると、給与所得を得ている優位性を活かして事業を起こすことが、できるかもしれません。

 

会社員として働きながら事業ってできるの?

って疑問に感じる方もいるかもしれません。

 

焼き立てメロンパン専門店のFCなら、そんな両立も可能です。

 

5年後も10年後も生き残るビジネス

でも、起業しビジネスを始める前に知っておくべきことがあります。

独立起業家の○%は○年のうちに倒産するそうですが、生き残りの○%に入るのはどんな人?

平均的なビジネスの投資回収が一年かからないビジネスの特徴とは?

募集難で黒字倒産、失敗しないためには・・あなたのお店は大丈夫ですか?

事業の開業資金はどのくらいが相場?? 

 

ご存知ですか?

  1. 夢をもって独立しても、新しい独立起業家の9割は5年以内に失敗すること・・・
  2. 平均的な事業の初期資金回収は5年以上かかること・・・
  3. 平均的なFC起業の資金は3000から5000万円も必要なこと・・・
  4. 人材確保がこれからますます大変になり人がいなくて倒産する企業もあること・・・
  5. 企業にとって社会環境の変化についてくのは例え大企業でも非常に大変であること・・・
  6. 会計処理や仕入業務など営業以外の仕事も予想以上に大変なこと・・・

 

1. FCは9割が成功する

独立した起業家の9割は5年以内に失敗、世界的に企業の5年生存率は20%といわれています。

この中には大企業の子会社も含まれますし元々資金力のある企業も当然含まれていますので、独立組の成功率は1割程度ともいわれています。

 

裏を返せば、脱サラ組の9割の起業家は5年以内に職を失い路頭に迷っている計算になります!!

 

そんな中でフランチャイズビジネスは、9割が成功するといわれています。(ただしFC協会に加盟できないような企業は除きます)

 

メロンデメロンはFC創業1年で協会の研究会委員、2年で準会員に昇格した成長FCチェーン店です。

 

まずは、起業する業種業態に何を選べば良いのか?を見極めなければなりません!

ここで、将来のあなたの命運は半分以上決まってしまいます。

 

2. 初期投資の回収が圧倒的に早い

平均的な事業の初期資金回収は5年以上かかります。

初期投資の回収がどのくらいで実現できるか? というのはとても起業にとって大事なことです。

 

しかしリスクが高いにも関わらず、収益がそんなに高くないビジネスが多すぎます。

このFCでは、最短記録で1ヶ月と1週間で回収したお店もあります。

 

全国平均でも半年程度といったところで回収ができていることが最大の特徴です。

 

事業をやるならまずは失敗を極力抑えること。

そのためには一日も早く投資を回収することが大切です。

 

純利益率が3割を超えるお店続出!

開業特需では月商一千万円は当たり前。

 

中には2千万以上かかってしまうお店も・・・

 

企業生存率では5年生き残ることがとても難しいと説明しましたが、5年で資金を回収できる確率も低いということがわかって来ました。

 

これは何を意味するのでしょうか?

 

5年で終わった時、投資資金すら回収できていない!

当然借金を背負って倒産される方がたくさんいらっしゃるということを表します。

 

1年以内にほとんどのお店が初期投資を回収したという実績があるビジネス!

それがメロンデメロンビジネスです。

 

新しい事業をするときに、失敗する確率をとことんなくし、失敗をしない。

それが最も大事なことですよね。

 

3. 低資金で開業可能

FC起業は安全なのはわかりましたが、資金が3000から5000万円も必要では・・

資金の調達、大きなお金が必要ということは、企業の多角化ならばともかく個人が貯金や退職金で開業するには、リスクが高すぎると思いませんか?

 

資金が大きくかかるということは、撤退も用意ではありません。

場所ビジネスは店舗取得費が膨大になります。

 

メロンデメロンの立地は格安立地でも可能です。

特にシャッター商店街への出店では無敵です。(助成金をもらって出店も・・)

 

1千万円台で開業できる店舗ビジネスってそう多くはありませんが、メロンデメロンなら十分可能なのです。

 

4. 人材を確保しやすいビジネス

人材難から黒字倒産・・・!

人材確保がこれからのビジネスの大事な要件です!

 

確かに儲かるビジネスは沢山あります。

しかし、そんなビジネスほど人材確保が困難と言われています。

 

例えば、居酒屋は儲かるけど黒字倒産が増えていると言われています。

 

メロンデメロンは、女性応募者に人気のメロンパンのお店です。

一回の募集で100名を超える応募があるのも当たり前というとても優位性の高いビジネスです。

 

ある加盟店さんでは、媒体の応募人数の新記録を作ったそうです。

これからのビジネスは、人材確保のやり易さという観点も大変重要になってきます!

 

5. 賢い経営者の戦略 M&AとFC 作るから買う時代へ

社会環境の変化に対応できることがこれからのビジネスに求められています。

企業の多角化は作る時代から買う時代へ!

 

多角化のために企業の買収をすることは時間を買うこと。

リスク排除を買うこと。

 

見えない利益(含み益と言います)を買うことです。

 

しかし企業買収は大きな資金が必要です。

 

ボクも教えてもらった例えですが、企業買収を有名絵画の売買と例えると、FCはリソグラフの売買と言えます。

 

リソグラフでも芸術価値は高いものです。

企業買収よりも格安で、企業買収と同じメリットを得られるFC!

 

メロンデュメロンビジネスは、多角化のためのエネルギーと時間を簡単に買うことができます。

 

失敗リスクの排除をお金で買えます。

将来の見えない利益を買うことができます。

 

賢い経営者の新しい多角化戦略! 「それはM&Aとフランチャイズ」と言われる時代がやって来ています。

 

6. メロンデメロンなら事務処理負担もかなり楽

会計処理や仕入れの負担はどうしていますか?

 

ビジネスをする上で、セールス以外の事務処理や仕入れなどの手間は思った以上に負担が大きいものです。

それを他者にアウトソーシングする! という考え方はここ数十年で大きく広まって来ました。

 

しかし、それをまだまだ活用できていない人や企業が沢山います。

仕入れは絶対に一社よりも、多数の会社が集まった方が有利に決まっています。

 

しかし、その業務を一体誰がやるのでしょうか?

アウトソーシングだけでもコストが大きくかかって来ますよね?

 

税務や経営のための数字を管理したりコントロールしたりするというのは、できればだれかに任せたいもの!

メロンデメロンでは、オープンアカウントを使い加盟店の事務作業軽減を応援しています。

 

また、代理払いシステムで、仕入れのスケールメリットを取ったり、業務の負担軽減を実現しています。

これだけの業務受託をしていても、負担するロイヤルティは小さい金額です。 (メロンデメロンでは、本部投資システムも導入しています)

 

加盟店と一緒に本部も投資

本部は、経費性の高いものを投資として加盟店の出店に対し負担してくれます。

加盟店は、お店の保証金など財産価値のあるものを負担します。

 

不安が多い加盟店側が少しでも負担が軽く安心できるよう、保証金などやめるときに返ってくるお金を多く、本部は戻らない費用を中心に負担するというシステムです。

 

メロンデメロンはこんな方に向いています

  • 地域の笑顔が見える仕事をしたい方
  • 低い初期費用で、高収益店舗型ビジネスを手に入れたい方
  • ビジネス5年生存率1割の中に入りたい方 失敗を極限まで小さくしたい方
  • 資金回収をできれば1年以内に実現したい方 ・人材確保に苦しみたくない方
  • 長時間営業でない FCビジネスを探している方

 

ここまで読んでいただいても、もしかしたらまだ不安がいっぱいかもしれません。

実際、今まで出店したオーナーさんも不安だらけ・・・ という方もおられました。

 

でも、その不安は、経験した人からしたら「よくある」こと。

明確な解決・解消策がありますし、そんなノウハウを蓄積し共有できるのがFCの強みです。

 

独立・開業という夢、熱い思いを胸の中にしまい込んだままにしないで欲しいのです。

 

ぜひ、具体的なお店づくりの流れを見て、イメージを膨らませてくださいね。

お店の作り方〜オープンまでの流れ〜

 

更新日:

Copyright© 焼き立てメロンパンFC事業 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.